HPのクオリティーがサロンへの売り上げにどう影響するのか?

今やHPはだれもが簡単に作れるようになり、様々なツールが開発されています。

私は、HPは必ずしもプロに頼む必要性はないと思っています。

ちいさなサロンはなるべくお金をかけずに運営できる方がよい、ということも理由の一つですが、
プロに頼んだからといって結果につながるHPになるとは限らないからです。

あなたのサービスの魅力を語れるのは誰か?

自身のサービスへの熱意はあなた自身が一番感じているはずですし
ただ業者任せの流れ作業で作るHPでは、あなたのサロンの魅力は伝わりません。

それならば、あなたのサービスのことを誰よりも語れるあなた自身がHPを作った方が良いのです。

デザインがいかに大切か

一方で、その熱量を文章でつらつらとしたためたところで、
そのHPが見やすい!と感じてもらえなければ、あなたのサービスの魅力・・どころか、何をやっている人なのかも伝わりません。

読みたい、もっと知りたい、と思わせるデザインでないと、人はどんなにいいサービスであっても
興味がモテないと読み進めようがないからです。

デザインは、ただ視覚的に魅力的に見せるためのものでは有りません。

キラキラした装飾を多く使って、可愛く素敵に見せればよいというものでもありません。

デザインとは、単なる自己表現ではなく、もっと実用的なもの、
『人に情報や目的を伝える』役割があるのです。

美しいデザインのHPは人が集まる!?

では、クリエイティブな凄腕デザイナーにHPデザインを頼んだら、多くの人がHPを見てくれて、お申し込みにつながるのでしょうか?

結論からいうと、NOです。

素敵だなという印象を持ってもらえて、ブランディングにはつながるかもしれません。
でも、あなたのHPはアート作品では有りません。
綺麗な作品ばかりを載せるポートフォリオサイトでもありません。

HPの目的は、見込み客に事業の全貌を知ってもらい、結果(お申し込みやお問い合わせなど)につなげること。

よくある話ですが、若干ダサいサイトの方が結果に繋がりやすかったりするのです。
もちろん理由なくダサくすると言うわけではなく、
申し込み導線や読みやすさを最優先に考えると、どうしてもボタンの位置や色、大きさを目立たせる必要があり
結果的にダサ、、親しみやすいデザインになったりするものです。

美しいデザイン
ではなく、情報が伝わりやすいデザイン、
を意識することが大切なのです。

自己流は事故るともいいますが、HPを作るにも、デザイン構成など、ある程度学習する必要があります。
また、どの分野でも言えることですが、リテラシーが低いと損をするのは自分自身です。

自身でサイトを作るのはもちろん、プロに依頼する際も、最低限のWEB知識、デザインの知識は必要になります。

この記事を書いた人

Ambran Create

スキル
HTML,CSS,SCSS
javascript
jQuery
php
wordpress